大学のシリコンバレーインターンシッププログラムに参加します①事前研修

私の大学には様々なインターンシッププログラムがあり、その中の一つのシリコンバレーに二週間滞在し、現地で開発を行い、現地のイベントに出すシリコンバレーインターンシッププログラムに参加することができることとなりました。来週から二週間シリコンバレーに行って来ます。

それに先立ち、今週は事前研修として研修を受けました。自分の心境の整理と記録のためにささっとまとめます。拙すぎる文章で書きなぐります。

1日目

faboモジュールとArduinoを用いてサンプルを動かしました。faboブリックは回路設計が必要なく、簡単に、様々なモジュールを触ることができました。実際にサンプルを動かすことで新たなアイデアも浮かびました。最後には30分間のブリックを用いた自由開発時間を与えられました。いい案かは考えず、パッと思いついた強力アラームを作成しました。仕組みはアラームととても明るいLEDが光り、それを止めるには強く加速度センサを10回振らなくてはいけないというもの(LCDに回数を表示)。自分なりに、30分にしてはとても良いものが作れたと感じました。

 

f:id:finite_star:20180817224422j:plain

2日目

3Dプリンタやレーザーカッターを触りました。大学で使ったことがあったので問題なく利用できました。blenderよりもfusion360の方がなれれば簡単に3Dプリンタ用のデータはつくれそうです。

3日目

ラズパイの環境設定、faboブリックの使用

丁寧な資料が用意されており、特に問題は起きなかった。Jupyterすごく便利ですね。

4日目

チーム分けを行い、次の日の16時までのミニハッカソンを行いました。二年生でいろいろ話していたので二年生チームで固まることに。ハテナボックスを叩きたい!という理由からハテナボックスを叩き、色々なものが出てくるような作品を作ることに決定。役割分担で私はラズパイ側の制御を担当しました。Andoroid Studioを使ってblutooth通信でのラズパイの制御をサンプルとして行っていたので、pythonから値を送ってそれに応じた画像が現れる、という仕組みにしようと話をしました。全くAndoroid開発の経験がない中UIからスクリプトまですべて一人に頼むことになってしまい、徹夜となったようで、本当に頭が上がりません。ありがとうございます。

この日が終わる頃からAndoroid側が動かないかもしれない、ということでもしもの時のための発表用をUnityで作っておいて、と頼まれ、ハードを使うことが条件だったので、感圧センサと、せっかくなので昔買っていたUniduinoを使って簡単なものを作ろうとしました。が、この際実装の手順を飛ばしてしまい、この日は動きませんでした。公式の英語リファレンスをちゃんと読めていれば一発でした。

5日目

時間まで開発。ハード班がとてもいい感じのハテナブロックを作成。ラズパイの大きさ、使うブリックなど全てを考慮した完璧なデザイン。。普通に欲しい。

f:id:finite_star:20180817224425j:plain

1時間前にテストを行うも、BLE通信がうまくいかない。ちょうどUniduinoが動かない理由もVR部のUniduinoを使ったことがある友達に聞き解決したのでなんとかUnityでつくりました。(感圧センサが反応→スターが出てくるという、本当にしょぼいプロトタイプですが...)

f:id:finite_star:20180817233350p:plain     f:id:finite_star:20180817233354p:plain

結局最後までAndroid側が動かず、発表へ。Android側の開発とてもがんばってもらっていたのに、とても悔しかったです。

ですがプレゼン担当のパフォーマー的にはどこまで開発できててたかも関係なかったようで、前日すぐ実装した音が出るプロトタイプだけのデモに。プレゼンはすべてまかせていたのですが、自分が1時間で作ったUnityのやつも使っていただけず(°°;)Andoroid開発をしたことも一切取り上げられず終わってしまいまたこれも納得できなかったので、こんなことを実装したかったよ!って終わったあと僕がUnityで作ったやつ単体でデモをするもあまりにショボすぎて反応ゼロ。大学入ってここまで恥ずかしい経験はなかったと思います。すべてがうまくいかず、先生の優しいフォローだけ入って終わりました。もうひとつの先輩がたのチームの開発物は本当にすごかったです。二日間でここまでできるのか、と本当に感動しました。

 

今回の研修ではひたすらに悔しい、恥ずかしい思いをしました。ですが、それによって自分の、このプログラムの目的や思いなどを再確認できました。そういう意味では良い経験となりました。がんばります。

マスターナンバーの確率調べてみた

syamuさん関連の動画でsyamuさんが珍しいマスターナンバーの持ち主と知り、確率的にどんなもんかと思いかいてみた。ソウルナンバーって信じていいのか。

参考にさせていただいた、マスターナンバーについて解説されているブログ:

あなたもマスターナンバーの持ち主かも!?その使命と特徴を解説! | 未知リッチ

 

うるう年は考慮していない。1900年代の全誕生日を調べてみた。

gistda4bbb1a220f7c1d94032f670ce256ac

 

 出力結果

1900年代のマスターナンバー11の誕生日:3239日、総日数36500日、確率8.873973%

1900年代のマスターナンバー22の誕生日:1329日、総日数36500日、確率3.641096%

1900年代のマスターナンバー33の誕生日:1920日、総日数36500日、確率5.260274%

マスターナンバーってそんなに珍しくないんですね、気になって調べてみたら僕もマスターナンバーでした。

Mashup Awardsに参加しました。#MA_2017

こんにちは。初めてハッカソンに参加させていただきました。しかも学生無料枠。。VR部の4チームが出場していましたが、私は個人的に出場しました。

もともとチーム開発の方でそろそろハードに取り掛かろうと考えていたので、Unityと電子工作、両方を繋げた開発をしてみようと思い当日を迎えました。

 

電子工作については、10月に入ってからAruduino開発キットを購入し、入門本を終えたところでした。

当日のアイデアソンにて、日常の何気ない動作に面白みを感じられたらいいなぁと思い、加速度センサを使ってなにかゲームができたら楽しいなと考えました。

結果、チームビルディング時、どこのチームに入ってもプレゼン作成要員にしかなれないんじゃないかと思い、一人でチャレンジしてみることに決めました。それを許して、またハッキング中に気にかけていただいた、運営の方のまなみんさんにはとても感謝しています。

一人、と言いましたが、うまくいかなすぎて、実際開発には同じVR部のチームのある友達に手伝っていただきました。

f:id:finite_star:20171103205224p:plain

仕様です。はじめはuniduinoというアセットを使い、arduinoとunityを繋げようと思っていました。1日目夕方に購入しました。30ドルでした。まあこれからも使えるし良い買い物ができたと思います。

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/6804

結論からいうと、このuniduinoは使いませんでした。理由として、aruduinoのポートごとの管理はできても、今回使わせていただいたROHMの加速度センサはセンサボードにつけていたため、値が参照できませんでした。

発表後にある参加者の方に聞いたのですが、センサーボードにつけなくともできるらしいです。色々聞きましたが、私が全く電子工作の知識がないため、ほぼ理解できませんでした。そこらへんの知識も最低限はつけないといけないなと思いました。

話は戻りますが、このuniduinoを調べながら見様見真似でコードを書いてみました。結果何かの値は取れていました。後数時間後にセンサーが付いてなくてもその値が取れているという事実に気づき、絶望。結果シリアル通信の値をunity側から参照する形で進めることに帰着し、結果うまくいきました。先人の方々が記事にして残してくださったおかげです。。

aruduino側のサンプルコードを使っていたのですが、これを変えることでなんとかうまくできました。この時点で二日目の朝。圧倒的に知識が足りませんでした。でも目標は達成です。調べまくるいい機会になりました。

後は加速度センサのx軸の値だけを正か負かでunity内の歯ブラシが動くようにして、動くごとにキュピーンと音を鳴らすようにしました。

デモの様子↓ 

こんな感じで受けてよかったです。。。

今回はunityとarduinoの繋ぎ、センサの値の扱いに時間を取られてしまいました。これを使ってなにかゲームができたらいいなと思いつつ、今回のハッカソンは終わりました。

そして司会のまなみんさんの賞、まなみん賞をいただきました!!ありがたいです。 

今回初めてハッカソンに参加させていただきましたが、結果一人チームになってしまい、個人で開発することになりました。開発には友達に助けてもらいましたが、いつもの開発とあまり変わらなかったですね。でもチームに参加しても自分が手伝えることは少なそうだったので今回は一人チームとさせていただきました。今度は色々な知識、技術をつけて、その日会ったチームの方と開発してみたいです..!

本当に良い経験ができました。ほんとうにありがとうございました。

Mashup Awardsに登録を忘れないようにします。

ブログ開設しました。About me.

はじめまして。

ブログ開設しました。よろしくお願いします。hosiboshiです。

私は会津大学25期生、現在学部一年です。VR部に所属し、主にチーム開発を行っています。

aizu-vr.hatenablog.com

VRに興味を持ったきっかけは、高校二年の際、たまたま目にしたivrcのある作品に深く感銘を受けたからです。会津大学に受験することが決まってすぐにVR部が新しくできたことを知り、すぐに入部を決めました。

そして今は自分がチームの皆と、ivrc予選に向けてコンテンツを作る立場に立たせていただいてます。

このような場を作ってくださった先輩、先生、企業様にとても感謝しています。

来年のivrc予選にコンテンツを出したいです。大きな壁は書類審査。。

入部して既に7ヶ月ほどが経ちました。半年後には後輩が入ってきますので、負けないように自分の長所を伸ばしていきたいです。

  • 強くなりたく勉強中
    Unity
    電子工作
  • つくりたいもの
    VRと触感、感性によるよりリアルな疑似体験
    体験者が一生忘れないような圧倒的な体験

今はとにかくivrcにコンテンツを出したい、その一心で開発をしています。他にも個人的にArduinoを使って電子工作をして、いろいろなものを作ったり、ハッカソンにも積極的に参加していきたいです。

私のtwitter:ほし々 (@finite_star) | Twitter

f:id:finite_star:20171102225036j:plain

趣味は写真を撮ることで、よくtwitterにあげているのでもしよかったらご覧ください。

写真あげているtwitter:🍊(:3_ヽ)_🍊は紹介班 (@C2F4_TFE) | Twitter

ありがとうございました。